スキンマニュアル! アトピー対策情報サイト 〜医療から母と娘、家族のアトピー改善体験記まで〜

アトピー 最新情報〜保湿剤〜



 

毎日新聞でアトピーの新情報を発見いたしました!

 

<アトピー性皮膚炎>保湿剤で乳児の発症率3割減少
毎日新聞 10月1日(水)20時35分配信

 

 乳児に保湿剤を毎日、約8カ月間塗ることでアトピー性皮膚炎の発症率を3割減らせたと、国立成育医療研究センターのチームが1日、発表した。
 保湿剤に予防効果があることを示したのは世界で初めてという。

 

 チームは2010年から約3年間、両親や兄弟にアトピー性皮膚炎の患者や経験者がいる乳児118人を、(1)1日1回以上、
 入浴後などに保湿剤を全身に塗るグループ(2)特別なスキンケアをしないグループ−−に分類。生後1週間から約8カ月間継続し、専門医が発症の有無を診断した。

 

 その結果、保湿剤を塗ったグループの発症率は特別なスキンケアをしなかった場合に比べ、32%減ることが分かった。
 乾燥などで皮膚の機能が低下するのを防いだためと考えられる。

 

 また、アトピー性皮膚炎のある乳児は、食物アレルギーを持っていることが多い。食べ物の成分(抗原)が機能の低下した
 皮膚から体内に侵入することが一因とされ、今回も、発症した乳児は、未発症の乳児に比べて、卵アレルギーの可能性を示す抗体値が高くなっていた。

 

 国内では未就学児の10〜30%がアトピー性皮膚炎を患っているとされる。同センターの大矢幸弘アレルギー科医長は
 「アトピー性皮膚炎には他の要因もあり、保湿剤で完全に防げない。しかし、アトピー性皮膚炎の予防が、食物アレルギーの発症予防にも大事だ」と話す。
【下桐実雅子】
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000110-mai-sctch

 

長女の体験で、薬を塗れば治ると思っている夫との衝突が、度々あった際に、ステロイドを使用したくなかった私は先生に保湿剤を処方して頂きました。
保湿剤の効果はも、記事を見る限り長期間にわたってから効果がわかるものです。外部要因のアトピーには有効だと感じますが
食物から来ている内部要因のものには効果は、いまいちかもしれません。
栄養と保湿剤、上手に使用していくのがベストだと感じます。

 

 


本サイト「スキンマニュアル アトピー改善医療系情報サイト」の管理人家族の実体験を
元にした情報サイトです。
体験記事を書いているのは母、サイト制作、その他は長男(現役医大生)が行っております。
また友人の専門医の方やアトピーでお困りのご家族を対象に、アンケートを独自実施・調査により行っております。


 

 

あなたのアトピー何タイプ?




 

A.植物性油の過剰

 

脂肪を過剰に食べると、皮下脂肪として蓄えられる。
この時炭水化物が必要なため、ご飯等の量が不足すると、余った脂肪は血液中にだぶつき、やがて皮膚から排泄されるとき酸化されて痒み成分に変わり、掻き壊す事によって湿疹(皮疹)を 作る。

 

 

B.たんぱく質の過剰

 

蛋白質は過剰に食べても余分に貯蔵する器官は無く、食べ過ぎると汗や尿として排泄されますが、その排泄能力を越えて食べると、NOというガスが発生し、血管を拡張しその時湿疹ができると考えます。

 

C.砂糖の過剰

 

糖質を大量に取ると体内で脂肪に変わりますが、これは人間が作る脂肪のため「飽和脂肪酸」となります。
また血中の糖質が多いと、赤血球の粘度が上がり、血液の循環が悪くなります。
それらの影響により皮膚炎の悪化などの害を及ぼします。

 

 

D.動物性脂肪の過剰と植物油不足

 

人間よりも体温の高い動物(牛、豚、羊など)の脂肪由来の飽和脂肪酸は人間の体内で固まりやすいため、体外に排泄しようとして、下痢や嘔吐、 一旦体内に吸収された後は、にきび、湿疹などとなる。

 

注:ここに記載しているのは、「アトピーなんか飛んで行け! アトピー克服実践マニュアル」の内容の極一部です。

 

■ 母と娘のアトピー改善体験記
■ アトピーを改善するアイテム アンケート調査結果
■ コラム 水分の大切さ


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP