娘とともに歩んだアトピー改善への道のり

良し悪し食べ物

アトピーに良い食べ物・悪い食べ物

 

私が娘たちに食事を出す時に、意識していた食品一覧を表にしてみました。
(下の方にあります)
ようは、加工食品より天然もののほうが、そりゃあいい、ってです。

 

私もいちいち、上記のような一覧表と見比べながらご飯は作っていません。
ただ、調べはしたので

 

ニンジンにはビタミンAが豊富、ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ働き有り!!

 

のようにある程度の暗記は出来ていました。

 

あと重要だと思ったのが、前にも話した「お水」
肌のターンオーバーを促すには必要不可欠。
水分の消費量(汗や尿)は、1日約2.5リットルなので、一日でそれを補う量を飲み続けることが理想的です。
水分を補うように飲んでも、体が水分を使用する優先順位は血液や内臓からなので、末端の皮膚にまで
届くには、結構な量を飲まなければなりません。

 

水の対極として避けるものは「ジュースや清涼飲料水」
お水とは違い、白い砂糖を使った飲み物、人工の甘味料など。
体が必要としているのは純粋な水です。紅茶やコーヒーさえも、純粋な水ではないため
体の中で使えるようにするために、ろ過することで腎臓などに負担をかけます。
それでなくても白い食物は血糖値を急上昇させて、糖尿病に近づけます。

 

 

白い食物の反対は…「玄米・そば」
色がついた炭水化物です、精製されていない状態のもが好ましい。
ただし玄米は消化に良くないので、3分づき米がいいです。
玄米の糠を少しだけ取り除いた状態で色も茶色が目立ちます。
玄米をそのまま食べるよりも、食べやすいです。

 

避けるべき白い食べ物の代表は「白米・うどん、小麦粉」
白い精製された食べ物は、胃や腸への吸収が良すぎて、瞬く間に血液の中に
糖分入り込みます。
そして血中糖度が急に上がった体は、血糖値を下げるためにすい臓からインスリンを分泌。
この一連の体の反応は、これはアトピーの悪化因子の一つと言われています。

 

これだけ頭に入れておいても、損はありません。
白い砂糖は「とうきび」「黒砂糖」「甜菜糖」などで代用できます。

 

かと言って、気をつけてはいましたが、食事を毎日考えて、
外食を控えていたわけでもありません。
水はさすがに意識しましたが、栄養面は補うことも重要だとひしひし、感じました。

 

食べ物一覧

>>アトピーに効果のあるサプリメント一覧

 

 


この体験談は本サイト「スキンマニュアル アトピー改善医療系情報サイト」の管理人家族の実体験を元にしたものです。
この記事を書いているのは母です。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP