娘とともに歩んだアトピー改善への道のり

栄養のお話

栄養のお話

 

皆さんは食事って何のためにすると思いますか?

 

お腹が空いた時に食べるご飯は最高です!
小さい頃から時間通りにご飯を食べて生きてきて、美味しいって云う気持ちもココロの栄養です。

 

ソレとともに、本来なら食事は生きるための必要な栄養を取るためにするものなのです。

 

考えたことはないでしょうか?

 

コンビニのお弁当を朝昼晩食べて栄養ってとれているのか?
取れていたとして、過剰に偏る栄養があるんじゃないのか?

 

コンビニでもお惣菜でも、こだわっているお店を除けば保存剤などの添加物が入っています。

 

人間の体は有害な添加物を排出できる力を素々生まれ持っています。
けれども一体何を持ってして、人間の体は添加物を排出しているのでしょう?

 

その重要な臓器が「肝臓」です。
アトピーの原因は食べ過ぎによる、肝臓への負荷から発生しているのだと感じています。

 

体に取り過ぎた毒素・添加物は肝臓で、からだに影響を及ぼさないように無毒化して、
血液の中に流します。あと、肝臓では糖質・脂質・タンパク質の代謝もされています。
(人体の神秘です)

 

だからと言って、いくら食べてもいい!ということでもありません。

 

肝臓の栄養分解の順序として、アルコールを先に分解する性質があります。
なのでお酒を飲む人は、添加物や毒素を分解するのが後回しになり、度が過ぎれば
そのまま分解せずに血液となって体内をめぐります。

 

ここの肝臓で代謝・分解をしないで血液中に脂質・タンパク質・糖質が流れてゆくことがアトピー発生の原因の一つです。。

 

子供の場合、アルコールなんて飲みません。
アトピーの発生原因は食べ過ぎ、栄養のとり過ぎ(偏り)です。
大量にとった添加物・脂質・タンパク質・糖質は、肝臓の作用の限界を超えれば
そのまま血液に流れ、それでも必要のないものは外に出さなければ、という
体の機能の結果、皮膚に現れたものがアトピーです。

 

偏っているということは、不足している栄養があり、不足している栄養こそがアトピーを未然に防ぎ、肌のバリアを上げる栄養です。
しかし、そのような栄養は多岐にわたり、一概にこの栄養を取れば改善するということではありません。
今の社会で栄養が偏らない生活を送るというのは、実に味気ない生活になります。

 

故にサプリメントなどの栄養補助食品を利用して栄養を補うことが必要です。

 


この体験談は本サイト「スキンマニュアル アトピー改善医療系情報サイト」の管理人家族の実体験を元にしたものです。
この記事を書いているのは母です。



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP