3.幼稚園入園と初めての中耳炎

3.幼稚園入園と初めての中耳炎|私と娘のアトピー改善体験記

幼稚園入園と初めての中耳炎

幼稚園入園と初めての中耳炎

 

 

娘が2歳半を過ぎた頃から、どこの幼稚園に入園させるべきか考えるようになりました。

 

 

近所の幼稚園は週に数回、給食を採用しているところが多く、そうなると食物アレルギーのある娘は代替品を持っていかなければなりません。
色々と見て回った結果、車で20分程のお弁当のみの幼稚園に入園することを決めました。
裏山もあり、遊具も豊富だったので、自然の中でノビノビと3年間過ごすことで体力もしっかり付きそうだと思えたことも決め手となりました。
春先だったので肌の調子は良く、特に問題はないまま入園することができました。

 

 

入園前の小児科での3歳児検診でも、食物アレルギーとは思えないほど肌がキレイだと言われて、とても嬉しかったことを覚えています。
その時の担当医の指導は、食物アレルギーの子はアレルギーマーチに気を付けなければならないので、この調子で除去を頑張るように、とのことでした。アレルギーマーチとは、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、更に大きくなるにつれ喘息、花粉症へとアレルギーの度合いが進んでいくことです。
私の周りでも、アトピー性皮膚炎をステロイドでコントロールしている子が、喘息を発症することが多かったように思います。

 

 

幼稚園に入園してしばらくたった頃、娘が昼間は元気なのに夜に咳が出る日々が続き、どうしたのだろうと心配に思っていたところ、朝になって突然、左耳が痛いと泣き出したのです。その後、左耳の穴から大量の膿が出てきました。中耳炎でした。

 

 

その日は幼稚園をお休みし、朝一で耳鼻科に行くと、鼓膜が破れて膿が出てきていますと言われました。どうやら朝方の娘の号泣は、鼓膜が破れた時の痛みが原因だったようです。
耳の中の洗浄と抗生剤の点耳で、その日の治療は終わりました。抗生剤はあまり使いたくない、自然治癒してほしいと思いつつ、他に治し方もわからなかったので、迷いながらも数回は抗生剤を使ったと思います。でも、幸い鼓膜が破れた時に膿が出きってしまったのが良かったらしく、その後は自然に治っていきました。

 

 

肌に炎症が起こればアトピー性皮膚炎、耳に炎症が起これば中耳炎と、出る場所が違うだけで、結局、体に炎症が起きているということに変わりはないのだと今になってみれば思うのですが、その当時は、出る場所が違うのだから原因も違うのだと考えていました。でも、マクロビオティックの本を読んでいたおかげで、中耳炎の原因もやっぱり何か食べ物にあるのでは?と、ぼんやりとですが思っていました。



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP