アトピー性皮膚炎とアレルギー体質

大人アトピー(成人アトピー)について

大人アトピー(成人アトピー)について

 

アトピーというと子供がかかるイメージが強いですが、大人もアトピーにかかる時があります。

 

痒くてたまらない症状がアトピーの特徴ですが、大人になると治る人も多いです。ですが大人になっても、そのままアトピーが続く成人型アトピーですが原因は何があるのでしょうか?

 

一つ目に免疫です。免疫は細菌やウイルス撃退に必要な物ですが、これが免疫異常を起こしてしまう時があります。免疫異常は害のない物質を害のあるものとして免疫が判断して撃退しようとすることです。花粉やダニの影響でこのような事態になることがあります。

 

二つ目は副交感神経が過剰になることです。

 

原因としてあまり運動をせず、寒暖差の少ない環境におり、食生活も豊かであるなど刺激の少ない生活をしている事が原因になります。

 

そうなると紫外線に当たるとアトピーになったり、アレルギーを引き起こしたりする原因になります。

 

アレルギーを持っている人が最近は多いですが、このような免疫異常や副交感神経が過剰になったりして引き起こされる症状です。

 

こうなってしまっては治すのは難しいので薬で抑えていく必要があります。

 

どのような薬を使うかというとステロイドがあります。ステロイドを使うとかゆみや炎症を一時的に抑えることができますし、よく効果がでます。しかしあまり長期で服用されると副作用が出る

 

こともあるので、使用には注意することも必要です。かゆみを止めたいために大量に使用してもなりません。医師の話される通りに使用すれば副作用の心配はあまりしなくて良いと思います。

 

少しでも成人型アトピーを改善するには生活習慣をよくしていく必要があるので、適度に運動して体を温めたり、バランスの良い食事を取る、規則正しく睡眠を取る、ストレスを溜め込ま
ず、吐き出させるといった生活です。

 

このように自分の生活習慣を正してもアトピーの発症を完全に抑えるのは難しいかもしれませんが、いくらか良くなる可能性があります。不規則な生活で、睡眠時間が少なかったり、運動をせず家でゴロゴロしていると、免疫異常や副交感神経が過剰になる原因ともなるので、自分の体のために行っていく必要があると思います。

 

成人型アトピーがあると長い期間付き合ってていく必要があると思います。すぐに治せるものではないので、自分なりに対処法を考えておく必要もあります。

 

 

どのようにすればかゆみや炎症を和らげられるのか銘記しておけばそこまでアトピーに神経を使う必要もないので対処法を知っておくのが一番です。

関連ページ

アトピー性皮膚炎とアレルギーの違い
アトピーで出る「膿」とは
アトピー性皮膚炎からの感染症
アトピーとオロナインの関係性
アトピー性皮膚炎とうつ病
アトピーと円形脱毛症の関係性
雨の時に肌のベタベタの解消方法
雨が降ると湿気のせいで肌や体がベタベタしますよね。とっても不快になりますよね。それだけで普段の生活が嫌になってしまいます。ベタベタする肌や体を少しでもさっぱりするにはどうしたらいいのでしょうか。解決方法を調べてみました。
お酢の肌への効果
お肌のスキンケアに効果のある対策として、食事を工夫するという方法があります。 普段から食生活に気を付けることによって、お肌の基礎部分から改善をすることができるのです。
「落屑(らくせつ)」って一体何?
「落屑(らくせつ)」とは、読んで字のごとく剥落した皮膚が屑のように見えることからそう呼ばれる、 アトピー性皮膚炎などに付随した症状のことです。
鮫肌ってどんな肌のこというの?
鮫肌は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ともいい、胴体部分や肩、尻、手足、胸などに多く現れます。鮫肌のほとんどは生まれつきによるもので、10代半ばから後半くらいから現れ始め、加齢とともにその症状は軽くなり、40代くらいに差し掛かるとあまり目立たなくなる場合が多いといった特徴があります。鮫肌の見た目としては、次のような症状があります。
ストレスによる肌荒れ
女性にとっては、ストレスがお肌の敵であることは言うまでもありません。ストレスによって潤いが不足すると、肌がカサついたり、痒みをもたらしたり、吹き出物ができたりする他、シミやたるみなど様々な肌トラブルの原因となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP