アトピー性皮膚炎とアレルギー体質

お酢の肌への効果

お酢の肌への効果

 

お肌のスキンケアに効果のある対策として、食事を工夫するという方法があります。普段から食生活に気を付けることによって、お肌の基礎部分から改善をすることができるのです。

 

お肌に良い効果を与える食品の一つにお酢がありますが、お酢と言えば体を柔らかくして疲れをとる作用が有名です。
これはお酢に含まれているクエン酸の効果によるものだと言われています。お酢に含まれるクエン酸は健康に良いばかりではなく、お肌のアンチエイジング効果を期待できることが知られています。

 

クエン酸には抗酸化作用があるために細胞の老化を防ぐ働きがあり、これが若々しいお肌を維持する要素になるのです。
お酢は漢方では苦酒という薬膳として有名で、体内の血のめぐりを活性化させる効果があり解毒作用もあるため、デトックス作用によるお肌のしみやそばかす対策に大きな効果を発揮します。

 

漢方においての酸味は、肝臓に血を集めて肝臓の働きを活性化させる効果があるため、それが体内のデトックス能力の活性化に繋がるのです。
またお酢に含まれるクエン酸以外の成分にアミノ酸がありますが、このアミノ酸の効果は体内のエネルギー燃焼の効率化、つまり新陳代謝の活性化の効果があります。

 

アミノ酸のエネルギー燃焼効果は脂肪をエネルギーに効率よく変換するため、ダイエットの効果がありますが、お肌にも良い効果を与えます。
体内の新陳代謝が活性化することによって、お肌の細胞も古い細胞から新しい細胞に次々と入れ替わり、結果として潤いと張りのあるお肌を継続的に維持し続けることが可能となるのです。

 

利用方法としてはお酢をそのまま飲むという美容法もありますが、お酢の成分を効率よく吸収させるためには、やはり他の食材と一緒に調理して摂取したほうがより多く吸収できます。

 

普段の食生活でお酢を効率よく摂取できれば、こういったクエン酸やアミノ酸の美肌効果をよりはっきりと感じることができるでしょう。
お酢を使ったメニューには酢の物やお寿司料理などいろいろな料理がありますが、美肌効果を効率よく実現するためのメニューとしては、鶏肉の黒酢あんかけがおすすめです。

 

黒酢は普通のお酢よりも多くのアミノ酸を含み、酸味が鶏肉の美味さを引き立たせます。鶏肉は皮つきのものを使用するとコラーゲンも摂れて、黒酢との相乗効果によって大きな美肌効果を発揮できるため一石二鳥です。

関連ページ

アトピー性皮膚炎とアレルギーの違い
アトピーで出る「膿」とは
アトピー性皮膚炎からの感染症
アトピーとオロナインの関係性
アトピー性皮膚炎とうつ病
アトピーと円形脱毛症の関係性
雨の時に肌のベタベタの解消方法
雨が降ると湿気のせいで肌や体がベタベタしますよね。とっても不快になりますよね。それだけで普段の生活が嫌になってしまいます。ベタベタする肌や体を少しでもさっぱりするにはどうしたらいいのでしょうか。解決方法を調べてみました。
「落屑(らくせつ)」って一体何?
「落屑(らくせつ)」とは、読んで字のごとく剥落した皮膚が屑のように見えることからそう呼ばれる、 アトピー性皮膚炎などに付随した症状のことです。
鮫肌ってどんな肌のこというの?
鮫肌は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ともいい、胴体部分や肩、尻、手足、胸などに多く現れます。鮫肌のほとんどは生まれつきによるもので、10代半ばから後半くらいから現れ始め、加齢とともにその症状は軽くなり、40代くらいに差し掛かるとあまり目立たなくなる場合が多いといった特徴があります。鮫肌の見た目としては、次のような症状があります。
ストレスによる肌荒れ
女性にとっては、ストレスがお肌の敵であることは言うまでもありません。ストレスによって潤いが不足すると、肌がカサついたり、痒みをもたらしたり、吹き出物ができたりする他、シミやたるみなど様々な肌トラブルの原因となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP