アトピー性皮膚炎とアレルギーの違い

アトピー性皮膚炎とアレルギーの違い

アトピー性皮膚炎とアレルギーの違い

 

アトピー性皮膚炎に悩まされている人は多く、一般的にはアトピーとアレルギーの両者は似たようなもの、同じであると混同されている事が多く、違いは分かりにくくなっています。

 

アトピーは、「場所が特定されていない」と意味のギリシャ語が由来で、普通の人では何でもないような刺激に対して、敏感であったり、変わった反応が起こる体質の事です。
汗や衣類による摩擦、乾燥肌等で、外からの刺激に非常に敏感になっている事から、一般的には皮膚炎と結びつけてアトピー性皮膚炎の事を指します。

 

アレルギーは、1906年にオーストラリアの医師ピルケーが提唱し、食物、花粉、ダニ、金属等のある物質に対して体の免疫が過剰に反応する疾患の事を指します。
原因となる物質が体内に入り反応し、その反応には1型(即時型)〜4型(遅延型)があり、通常は即時に反応する1型の事を指します。
花粉症、鼻炎等です。

 

アトピーはアレルギーを併発しやすく、アレルゲンが原因とされる事も多いが、アレルギー疾患とは起こり方が違います。
アレルギーは血液検査で原因を突き止める事が出来ますが、アトピーの場合は、さまざまな反応が関わっていると考えられている為、血液検査だけでは原因を特定する事は難しくなっています。

 

また、症状の慢性化、掻痒感が強い等の傾向があり、皮膚の脆弱、免疫の異常、ストレス等の原因が複雑に組み合わさり、炎症をおこして、赤く、かゆくなります。
しかし、皮膚の状態が悪いという理由だけで、免疫異常の程度が悪いと判断する事は難しいといえます。

 

治療や対処方法として、2つ症状に共通する事は悪化要因の除去ですが、アトピーの場合は乾燥の悪化を防ぐ等のスキンケアと外用療法を中心とする事で症状を緩和する事が出来ますが、治療をすると同時に対処法を実践する必要があります。
アレルゲンを除去する事は、アトピーの治療方法として良い方法ではありますが、それだけではなく他の視点から見る事も必要な疾患といえます。

関連ページ

アトピーで出る「膿」とは
アトピー性皮膚炎からの感染症
アトピーとオロナインの関係性
アトピー性皮膚炎とうつ病
アトピーと円形脱毛症の関係性
雨の時に肌のベタベタの解消方法
雨が降ると湿気のせいで肌や体がベタベタしますよね。とっても不快になりますよね。それだけで普段の生活が嫌になってしまいます。ベタベタする肌や体を少しでもさっぱりするにはどうしたらいいのでしょうか。解決方法を調べてみました。
お酢の肌への効果
お肌のスキンケアに効果のある対策として、食事を工夫するという方法があります。 普段から食生活に気を付けることによって、お肌の基礎部分から改善をすることができるのです。
「落屑(らくせつ)」って一体何?
「落屑(らくせつ)」とは、読んで字のごとく剥落した皮膚が屑のように見えることからそう呼ばれる、 アトピー性皮膚炎などに付随した症状のことです。
鮫肌ってどんな肌のこというの?
鮫肌は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ともいい、胴体部分や肩、尻、手足、胸などに多く現れます。鮫肌のほとんどは生まれつきによるもので、10代半ばから後半くらいから現れ始め、加齢とともにその症状は軽くなり、40代くらいに差し掛かるとあまり目立たなくなる場合が多いといった特徴があります。鮫肌の見た目としては、次のような症状があります。
ストレスによる肌荒れ
女性にとっては、ストレスがお肌の敵であることは言うまでもありません。ストレスによって潤いが不足すると、肌がカサついたり、痒みをもたらしたり、吹き出物ができたりする他、シミやたるみなど様々な肌トラブルの原因となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP