アトピー性皮膚炎とアレルギー体質

雨の時に肌のベタベタの解消方法

雨の時に肌のベタベタの解消方法

 

雨が降ると湿気のせいで肌や体がベタベタしますよね。とっても不快になりますよね。それだけで普段の生活が嫌になってしまいます。ベタベタする肌や体を少しでもさっぱりするにはどうしたらいいのでしょうか。解決方法を調べてみました。

 

・ベタベタとした汗は悪い汗

 

通常湿気などがあっても、良い汗はサラサラしているのでベタベタしている汗はあまりいい汗ではないようです。実は、ベタベタした汗は運動不足や空調機能の使い過ぎによる汗腺の機能低下によるものなのです。そのベタベタ汗に含まれる、塩分やミネラルと言った成分が蒸発しにくくそれが肌に残りベタベタする原因になるのです。

 

・ベタベタした汗を改善する方法

 

一番の方法は、汗腺を鍛えて汗腺機能を正常に保つことです。水分補給を充分にしながらのトレーニングにより身体を温めて汗をかくことで汗腺が使われて老廃物も流れ出る事で綺麗なサラサラ汗に近づきます。この時に重要なのが体温をゆっくりと上げる事なので激しい運動よりもじんわりと汗をかくくらいの運動がおすすめです。ウォーキングやヨガなどが最適です。

 

また、家でゆっくりと半身浴をするのもおすすめです。岩盤浴などもおすすめですが、家でも出来る手軽な方法として20分位ぬるめのお湯につかるというのを夏の暑い間も試すととても汗腺が良くなります。
この際、脱水を避けるためにも水分補給をしながら行いましょう。

 

・エアコンで身体を冷やし過ぎない

 

湿気や気温で室温が暑くなるとついついエアコンをつけてしまいます。ただつけるだけなら良いのですが、必要以上に室内を冷やすと身体が冷えてしまい汗腺の機能が低下します。

 

・ベタベタした汗をかいた後には濡れタオルで身体を拭く

 

今まで上げた汗腺の改善方法を行ってもすぐには結果は出ません。今かいているベタベタした汗をどうにかしたい、そう思いますよね。まずは、汗をかいたら自宅に至り環境が許せばその都度シャワーを浴びるのが一番の方法です。そして、着替えをすればかなりさっぱりスッキリします。
しかし、いつでもシャワーを浴びれる環境ではありません、むしろ難しい場合が多いのですがその場合は、汗ふきシートなど市販されているもので身体を拭くだけでもさっぱりしますし、濡れタオルを絞って身体を拭くことでスッキリして、ベタベタが取れます。

 

汗をかいた時に乾いたタオルで拭くと水分を取ってしまい身体の気化熱で体温を下げているのを防ぐことになるので出来れば濡れているタオルや汗ふきシートが良いのです。

 

まずは、対処法を覚えてベタベタした汗を乗り切りつつ汗腺を鍛えて徐々にサラサラ汗に変えていければ雨の日でも不快な気分が減ると思います。

関連ページ

アトピー性皮膚炎とアレルギーの違い
アトピーで出る「膿」とは
アトピー性皮膚炎からの感染症
アトピーとオロナインの関係性
アトピー性皮膚炎とうつ病
アトピーと円形脱毛症の関係性
お酢の肌への効果
お肌のスキンケアに効果のある対策として、食事を工夫するという方法があります。 普段から食生活に気を付けることによって、お肌の基礎部分から改善をすることができるのです。
「落屑(らくせつ)」って一体何?
「落屑(らくせつ)」とは、読んで字のごとく剥落した皮膚が屑のように見えることからそう呼ばれる、 アトピー性皮膚炎などに付随した症状のことです。
鮫肌ってどんな肌のこというの?
鮫肌は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ともいい、胴体部分や肩、尻、手足、胸などに多く現れます。鮫肌のほとんどは生まれつきによるもので、10代半ばから後半くらいから現れ始め、加齢とともにその症状は軽くなり、40代くらいに差し掛かるとあまり目立たなくなる場合が多いといった特徴があります。鮫肌の見た目としては、次のような症状があります。
ストレスによる肌荒れ
女性にとっては、ストレスがお肌の敵であることは言うまでもありません。ストレスによって潤いが不足すると、肌がカサついたり、痒みをもたらしたり、吹き出物ができたりする他、シミやたるみなど様々な肌トラブルの原因となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP