アトピー性皮膚炎とアレルギー体質

 

アトピー性皮膚炎とアレルギー体質

 

アトピー性皮膚炎は、かゆみの強い慢性の湿疹が生じる皮膚疾患です。ただし、常に湿疹が生じている状態というわけではなく、ひどい状態と、そうでない寛解状態とを繰り返す点が特徴です。
主に、乳児や幼児に起こる皮膚疾患であり、多くは年齢が大きくなるにつれて治癒するのですが、一部には大人になっても治癒せず、症状が出続ける人もいます。

 

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を有する人に発症する可能性があります。アトピー性素因とは、アレルギーを起こしやすい体質のことで、アレルギー性鼻炎などを発症している人はアトピー性皮膚炎も発症する可能性があります。
なお、アレルギーとは、一般には無害なアレルゲン(アレルギー発生物質)に対して、異物や細菌の侵入を阻む体内の免疫機構が過剰に反応してしまうことを言います。つまり、アトピー性皮膚炎も、一種のアレルギー反応ということができます。

 

アトピー性皮膚炎は、年齢によって生じる部位は異なりますが、成人では全身、特に、首や顔面に湿疹が生じやすくなります。
しかし、アトピー性皮膚炎は、適切な治療を受けることで症状をコントロールすることができ、普通の人と同じように日常生活を送ることができます。また、完治も期待できる病気です。

 

アトピー性皮膚炎の治療の基本は、塗り薬と内服薬です。塗り薬は、炎症を抑えるためのステロイド軟膏、免疫抑制用の非ステロイド系の軟膏、及び、皮膚の保湿のための白色ワセリンなどを使い分けます。内服薬では、抗ヒスタミン剤などを服用します。
また、上記の塗り薬による治療と平行して、アトピー性皮膚炎が悪化しにくい対策をとることも重要です。

 

例えば、家の中の掃除や布団を清潔に保つなどして、アレルゲンとなるダニ等の除去を徹底します。また、皮膚が不潔であると皮膚炎が悪化しますので、お風呂に入ったときには丁寧に肌を洗って清潔にします。ただし、石けん等で肌を洗うことによって乾燥しやすくなるため、お風呂から上がった後には保湿することが大切です。

アトピー性皮膚炎とアレルギー体質記事一覧

アトピー性皮膚炎とアレルギーの違いアトピー性皮膚炎に悩まされている人は多く、一般的にはアトピーとアレルギーの両者は似たようなもの、同じであると混同されている事が多く、違いは分かりにくくなっています。アトピーは、「場所が特定されていない」と意味のギリシャ語が由来で、普通の人では何でもないような刺激に対して、敏感であったり、変わった反応が起こる体質の事です。汗や衣類による摩擦、乾燥肌等で、外からの刺激...

アトピーで出る「膿」とはこの液体はアトピー性皮膚炎を抱える患者の中では「汁」や「リンパ液」と呼ばれることも多く、ステロイド薬を服用していた人から出る液体は黄色みがかかっている、そうでない人は透明であるという傾向が存在しています。この傷口から出る液体は皮膚を保護し、治癒する働きを持っていますので、無闇に液体が出るのをとめようとしてしまったり、出るそばからふき取ってしまうということをしてしまうと時とし...

アトピー性皮膚炎からの感染症私たちの皮膚は、常に身の回りの微生物、細菌、ウイルスからの感染から体を守ってくれています。アトピーの方によく見受けられるのは、皮膚の炎症、引っかき傷、乾燥です。これらは、皮膚の免疫力を低下させてしまうため、外部からの細菌、ウイルスへの抵抗力が、健康体の人に比べ低くなっています。それに加え人は、アレルギーに対する抗体とウイルスなどの感染に対する抗体があり、アトピー持ちの方...

アトピーとオロナイン日常にある軟膏の1つにオロナインが有ります。大正製薬が1953年より販売している「皮膚用抗菌軟膏剤」で、ご家庭での擦り傷や火傷などに塗る常備薬として馴染み深いものです。オロナインにはステロイド剤は入っていません。しかし、オロナインには、ワセリンやグリセリンなどの保湿成分も入ってはいますが、主成分はあくまで「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という殺菌成分となります。アトピーは栄養...

アトピー性皮膚炎とうつ病どんな病気の人でも、長く患えば、精神的にまいってしまうものです。アトピー性皮膚炎にかかり、ステロイドを始め、いろいろな薬、健康法を試してみても、なかなか良くならない。特に若い女性ならなおさら、外見を気にして引きこもりがちになってしまいます。アトピーはなかなかすぐによくなる病気ではないため、夏でも長袖を着て肌を隠したり、生活上の苦労も多く、どうして自分だけがこんな病気になって...

アトピーと円形脱毛症の関係性アトピーに悩まされる人はたくさんいます。基本的には幼少の頃に完治する場合が多いですが、少数の方は大人になっても治らずにずっと治療を続けている方がいます。アトピーは体質的なのもあり、根治が難しいとされています。深刻なアトピーの方はステロイドを処方する事が多いのですが、ひどい症状が改善されてきたら通常の軟膏などに変更します。ひどい症状を繰り返していくと、ステロイドを使ってし...

落屑(落屑)って一体何?「落屑(らくせつ)」とは、読んで字のごとく剥落した皮膚が屑のように見えることからそう呼ばれる、アトピー性皮膚炎などに付随した症状のことです。(「落屑症候群」というのはまた別の、瞳の疾患のことを言います。)部位によって剥がれ落ちる落屑の大きさは様々で、場合によっては皮膚が剥がれていると言うよりは、「肌が白く粉をふいている」という風に見られることもあります。剥がれ落ちた皮膚はち...

鮫肌ってどんな肌のこと言うの?鮫肌は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ともいい、胴体部分や肩、尻、手足、胸などに多く現れます。鮫肌のほとんどは生まれつきによるもので、10代半ばから後半くらいから現れ始め、加齢とともにその症状は軽くなり、40代くらいに差し掛かるとあまり目立たなくなる場合が多いといった特徴があります。鮫肌の見た目としては、次のような症状があります。・皮膚がザラザラで、サメや魚のウロコ...

ストレスによる肌荒れ女性にとっては、ストレスがお肌の敵であることは言うまでもありません。ストレスによって潤いが不足すると、肌がカサついたり、痒みをもたらしたり、吹き出物ができたりする他、シミやたるみなど様々な肌トラブルの原因となります。ストレスによる肌荒れの症状として、最もよくあるものはニキビです。ストレスが慢性化して自覚がないまま過ごし、ある日突然できたニキビによってストレスを自覚するという人は...

大人アトピー(成人アトピー)についてアトピーというと子供がかかるイメージが強いですが、大人もアトピーにかかる時があります。痒くてたまらない症状がアトピーの特徴ですが、大人になると治る人も多いです。ですが大人になっても、そのままアトピーが続く成人型アトピーですが原因は何があるのでしょうか?一つ目に免疫です。免疫は細菌やウイルス撃退に必要な物ですが、これが免疫異常を起こしてしまう時があります。免疫異常...

秋から冬の季節の変わり目などに、アトピーの症状が悪化するという人は、少なくありません。季節の変わり目というのは、免疫力が低下しやすい時期で、自律神経も乱れてしまいますから、アレルギーが悪化してしまいます。特に、秋から冬の季節の変わり目というのは、空気も乾燥し、気温や湿度も急に低下しますから、免疫力が下がりやすいと考えられます。気温が下がって空気が乾燥すると、空気中に含むことができる水分量が増加して...

アトピーは季節の変わり目になると特に悪化しやすいという傾向があります。季節の変わり目と言っても春から夏というよりも夏から秋、冬への季節の変わり目の方がアトピーが悪化しやすいのです。冬はアトピー持ちに取っては辛い季節です。どうしてアトピーは冬に悪化しやすいのか、その理由とアトピーを上手にコントロールして冬を快適に乗り切る方法をまとめてみました。冬になるとアトピーが悪化するのはなぜかそもそもどうして冬...

アトピーにいいお米とは?アトピーにいいお米とは、お米に含まれているアミロペクチンという成分が少ない品種のお米のことです。このお米に含まれているアミロペクチンという成分はでんぷんの1種で、お米にはアミロペクチンとアミロースという2種類のでんぷんが含まれていて、アミロースというお米に硬さを出す成分はアトピーを悪化させることは無いのですが、アミロペクチンというお米に粘り気と柔らかさを出す成分がアトピーを...