アトピー性皮膚炎とアレルギー体質

アトピー性皮膚炎とアレルギー体質

 

アトピー性皮膚炎とアレルギー体質

 

アトピー性皮膚炎は、かゆみの強い慢性の湿疹が生じる皮膚疾患です。ただし、常に湿疹が生じている状態というわけではなく、ひどい状態と、そうでない寛解状態とを繰り返す点が特徴です。
主に、乳児や幼児に起こる皮膚疾患であり、多くは年齢が大きくなるにつれて治癒するのですが、一部には大人になっても治癒せず、症状が出続ける人もいます。

 

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を有する人に発症する可能性があります。アトピー性素因とは、アレルギーを起こしやすい体質のことで、アレルギー性鼻炎などを発症している人はアトピー性皮膚炎も発症する可能性があります。
なお、アレルギーとは、一般には無害なアレルゲン(アレルギー発生物質)に対して、異物や細菌の侵入を阻む体内の免疫機構が過剰に反応してしまうことを言います。つまり、アトピー性皮膚炎も、一種のアレルギー反応ということができます。

 

アトピー性皮膚炎は、年齢によって生じる部位は異なりますが、成人では全身、特に、首や顔面に湿疹が生じやすくなります。
しかし、アトピー性皮膚炎は、適切な治療を受けることで症状をコントロールすることができ、普通の人と同じように日常生活を送ることができます。また、完治も期待できる病気です。

 

アトピー性皮膚炎の治療の基本は、塗り薬と内服薬です。塗り薬は、炎症を抑えるためのステロイド軟膏、免疫抑制用の非ステロイド系の軟膏、及び、皮膚の保湿のための白色ワセリンなどを使い分けます。内服薬では、抗ヒスタミン剤などを服用します。
また、上記の塗り薬による治療と平行して、アトピー性皮膚炎が悪化しにくい対策をとることも重要です。

 

例えば、家の中の掃除や布団を清潔に保つなどして、アレルゲンとなるダニ等の除去を徹底します。また、皮膚が不潔であると皮膚炎が悪化しますので、お風呂に入ったときには丁寧に肌を洗って清潔にします。ただし、石けん等で肌を洗うことによって乾燥しやすくなるため、お風呂から上がった後には保湿することが大切です。

関連ページ

アトピー性皮膚炎とアレルギーの違い
アトピーで出る「膿」とは
アトピー性皮膚炎からの感染症
アトピーとオロナインの関係性
アトピー性皮膚炎とうつ病
アトピーと円形脱毛症の関係性
雨の時に肌のベタベタの解消方法
雨が降ると湿気のせいで肌や体がベタベタしますよね。とっても不快になりますよね。それだけで普段の生活が嫌になってしまいます。ベタベタする肌や体を少しでもさっぱりするにはどうしたらいいのでしょうか。解決方法を調べてみました。
お酢の肌への効果
お肌のスキンケアに効果のある対策として、食事を工夫するという方法があります。 普段から食生活に気を付けることによって、お肌の基礎部分から改善をすることができるのです。
「落屑(らくせつ)」って一体何?
「落屑(らくせつ)」とは、読んで字のごとく剥落した皮膚が屑のように見えることからそう呼ばれる、 アトピー性皮膚炎などに付随した症状のことです。
鮫肌ってどんな肌のこというの?
鮫肌は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ともいい、胴体部分や肩、尻、手足、胸などに多く現れます。鮫肌のほとんどは生まれつきによるもので、10代半ばから後半くらいから現れ始め、加齢とともにその症状は軽くなり、40代くらいに差し掛かるとあまり目立たなくなる場合が多いといった特徴があります。鮫肌の見た目としては、次のような症状があります。
ストレスによる肌荒れ
女性にとっては、ストレスがお肌の敵であることは言うまでもありません。ストレスによって潤いが不足すると、肌がカサついたり、痒みをもたらしたり、吹き出物ができたりする他、シミやたるみなど様々な肌トラブルの原因となります。
大人アトピー(成人アトピー)について
アトピーというと子供がかかるイメージが強いですが、大人もアトピーにかかる時があります。 痒くてたまらない症状がアトピーの特徴ですが、大人になると治る人も多いです。ですが

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP