娘とともに歩んだアトピー改善への道のり

アトピー対策には亜鉛を摂取

 

 

アトピーを抑えるために、亜鉛の摂取を多くするという方法もあります

 

元来日本人は亜鉛の摂取量が不足気味といわれていることから、亜鉛を多く含む、牡蠣や魚などを多く摂取し、亜鉛を多く摂取することで、
酵素やホルモンを活性化させて、アトピーに対する自然治癒力を高めることもポイントです。

 

アトピーを治す「お茶」とは

 

アトピーによって発症するかゆみを伴う発疹は、お茶を引用することによってある程度発症を抑えることが可能となる場合があるのです。
これは特定の種類のお茶が持つタンニンやカテキンなど、ポリフェノールという成分が持つ「ヒスタミンの分泌を抑える」という作用が大きくかかわっています。
ヒスタミンは痛みやかゆみを近くさせる「知覚神経」に作用する物質であり、このヒスタミンによって知覚神経が刺激を受けると脳が「かゆみが生じている」と判断するというのがそのメカニズムであるとされています。

 

 

ポリフェノールという物質によってヒスタミンの分泌が抑えられると、その分だけかゆみを感じづらくなるのです。
そのため、お茶をアトピーの治療目的に引用するという際には「ポリフェノールが豊富なお茶」を選ぶことが重要となります。
ではどのような種類のものが効果的であるのかというと、よく選ばれるのが「ハブ茶」や「プーアル茶」といった中国茶です。
なかでもハブ茶は肌荒れやむくみの解消、便秘の改善、抗酸化作用といった健康的作用が非常に豊富に存在しているため、特にお勧めされる種類となっています。
また日本茶としては柿の葉茶も効果的であるとされています。

 

この柿の葉茶はビタミンCも豊富に含んでおり、かつ柿の葉茶に含まれるビタミンCは通常のものとはちがい、熱によって分解されにくいという特徴を有しています。
抗ヒスタミン作用も豊富であるため、かゆみが特に強い、皮膚が荒れてしまっているという時には最適となるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP