アトピー性皮膚炎と睡眠の関係

アトピー性皮膚炎と睡眠 関係はある?

アトピー性皮膚炎と睡眠 関係がある?

睡眠不足や睡眠過多、それとアトピー性皮膚炎は関係があるのはご存じですか?

 

アトピー性皮膚炎は、幼児や子供に多い病気と言われています。
実際に20歳以下の10人に一人はアトピーもちだと言われています。大人になったら完治するとも言われますが、再発する人もおられるので注意は必要になってきます。
アトピー性皮膚炎の原因はいまだにはっきりは分かっていませんが、遺伝要因の他に、環境要因である「ストレス」が手を上げることが多いです。

 

子供でも大人でも、ストレスかかかった生活をしているとどうしても、どこか体に不具合を患ってしまいます。
例えばそれが睡眠障害だとすれば、眠れないストレスを体が発散するために、でた症状、その一つとして皮膚に出る「アトピー性皮膚炎」があるのです。

 

ストレスが掛かってアトピーが出るということであれば、遺伝的にあまり強い部位ではなかったということが考えられます。

 

また、逆に睡眠過多であったら、ダニやホコリ等の外的要因も重なってアトピーが発症したと考えられます。
お子さんで合ったら、ぬいぐるみと一緒にいたりするなどして皮膚に負担をかけているかもしれません。

 

ふとんやお子さんのぬいぐるみにいるダニやホコリを完全除去するのは難しいので、毎日の洗濯や掃除が鍵になっていきます。

 

また、すこやかな睡眠を促すためには「自律神経」を整えることが必要になっていきます。
自律神経を整えるためには「ビタミンB1」が、自立神経のスイッチを切り替えるための栄養となります。食材などから摂取するのもいいですが、
毎日の食事の中で安心して取り入れたいと、思い、天然素材を歌っている各社に連絡してみつけた「健康食品」がコチラです。

 

 

アトピー性皮膚炎はきちんとしたターンオーバーを促すために、汗をかいたらまめにシャワーをあびて、清潔を保つことも大切です。

 

毎日着る洋服も素材によっては、アトピーを悪化させてしまったりするので、医師に相談するなどの必要もあります。そして、爪を短く切ることが最も大切です。

 

ついつい痒くてですとかいてしまうと、爪の中にあったごみやばい菌がたくさん爪の間に入ってきます。そんな爪で皮膚をかいてしまうと、ますますアトピーが悪化してしまう場合もあるので気を付けなければいけません。また、アトピーはすぐに治る病気ではないので、自分で症状をコントロールしながら長期的に付き合っていかなければならない場合があります。

 

何でも相談できる医師を探して、ストレスを溜めない生活を心がけることが必要です。

関連ページ

汗とアトピー
アトピーとお酒
塩素がアトピーに与える影響
アトピーと運動の関係性
エステでアトピーの状態を改善
アトピー性皮膚炎における温泉の効能
アトピーと胃腸の関係
アトピー肌の人のための洗顔法
アトピーとジェルネイル
意外や意外! アジェルネイルがアトピーに対して意外な効果を発揮する!?
アトピーを防ぐには老廃物を出す
アトピー性皮膚炎を防ぐには、皮膚の中にある老廃物をだす努力が必要です。
アレルギーに対する漢方薬の効果
様々なアレルギーに対する効果の漢方薬を記載します。
アトピー性皮膚炎 慶大が有効な対策を
黄色ブドウ球菌対策が有効かであるという新情報が発表されました

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP