様々なアレルギーに対する効果の漢方薬を記載します。

アレルギーに対する漢方薬の効果

アレルギーに対する漢方薬の効果

 

アトピー性皮膚炎を含め、アレルギーと一口にいってもいろいろな症状があります。

 

気管支ぜんそく、花粉症が代表的なアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、食物アレルギーなど、様々です。
アレルギーが増えている背景には、私たちの生活習慣や食生活の変化、環境の変化があげられますが、治癒しにくい疾患の代表となっています。

 

食生活の欧米化、過食、栄養の偏りが、日本人の体の抵抗力を奪ったという話も聞きます。しかし、今の生活をいきなり江戸時代あたりの日本にすることはできません。
だから、自分の体は自分で維持することが必要なのです。

 

近年、西洋の薬ではなく漢方薬の効果が注目されています。実際には、西洋の薬で症状を抑えながら、漢方薬で治していく、体質改善していくもので、最終的には、漢方薬だけの使用で、治癒を目指します。

 

漢方薬は体質と症状に合わせて、多くの場合1〜2週間、長くても1〜2か月で効果の判定ができます。体質改善には2〜3か月は飲み続けることが必要です。

 

鼻炎で、水のような鼻水が出るとき、気管支ぜんそくには、小青竜湯を用います。鼻炎には、、葛根湯加川弓辛夷も用いられます。

 

化膿傾向のある皮膚炎に使用されるのは、十味敗毒湯です。湿疹や蕁麻疹を起こしやすい体質の改善薬としてもよく使用されます。

 

かゆみが強いアトピー性皮膚炎などに使うのは、消風散。他にも黄連解毒湯、柴胡清肝湯などが皮膚炎に用いられます。

 

漢方は素人ではわからない部分もあるので、近くの薬剤薬局へ足を運ぶことをオススメします。

 

病院の安定剤と漢方薬

女性はホルモンなどの関係で、精神状態が不安定になることがよくあります。そんな時、病院に行く暇もないなら、とりあえず薬局へ行って相談して見ましょう。
そうすると、いろいろみせてくれますが中でも漢方薬が副作用が出ることもなくじわじわと効いてくるのでよいとすすめられます。

 

病院の安定剤は、やはりお薬ですので、即効性はあります。しかし長い間服用すると、子供を授かる女性の体が出来上がらなず、愛する人の子供が望めないことがあるのも事実です。
女性にとってそれは体が変質するということに対し、恐怖感を感じずにはいられますせん。

 

漢方薬ならば、安心して飲めそうと早速買って飲んでも、効果が出ませんのでよくわからないまま過ぎていくことが多いと聞きます。
私はせめて元気でいられるために、天然素材無添加の健康食品を探して5種類ほどの健康食品に行き着いたりしました。

 

できるだけ体に負担をかけずにアレルギーは治したいですよね。

関連ページ

汗とアトピー
アトピーとお酒
塩素がアトピーに与える影響
アトピーと運動の関係性
エステでアトピーの状態を改善
アトピー性皮膚炎における温泉の効能
アトピーと胃腸の関係
アトピー肌の人のための洗顔法
アトピーとジェルネイル
意外や意外! アジェルネイルがアトピーに対して意外な効果を発揮する!?
アトピー性皮膚炎と睡眠 関係はある?
アトピー性皮膚炎になることと、睡眠の関係性はあるのでしょうか?
アトピーを防ぐには老廃物を出す
アトピー性皮膚炎を防ぐには、皮膚の中にある老廃物をだす努力が必要です。
アトピー性皮膚炎 慶大が有効な対策を
黄色ブドウ球菌対策が有効かであるという新情報が発表されました

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP