アトピー性皮膚炎とジェルネイル

アトピーとジェルネイル

アトピー性皮膚炎とジェルネイル

 

 

アトピーの予防のためには、【痒い皮膚をなるべく掻かない】事が挙げられます。

 

これは薄い爪が皮膚を傷つけてしまい、患部が広がってしまうことが原因です。
掻かずに生活できたらいいですが、寝ているときなど無意識に掻いてしまうとどうしようもありません。

 

でも、皮膚を掻かずにいるということは、結構しんどいことだと思います。

 

そんな時に、オススメしたいのはジェルネイルです。

 

ジェルネイルは鋭利な爪を、分厚く丸くして固めています。その状態で、皮膚を掻いても、何もしていない爪より皮膚が傷つきにくくなります。

 

丸いボウルの状態で皮膚の上を滑るので、刺激も少なく痒みも程よく取ってくれます。

 

寝ている時に無意識に掻いてしまう分には、皮膚のキズつき具合も変わってくるのです。

 

もちろん、やりすぎてしまえば、同じく悪化してしまうことを忘れずに。

 

ジェルネイルはクリアタイプであれば、爪が綺麗に見えて、好印象をもたれやすいです。

 

またお洒落の一環としてできることから、始めやすいのも特徴です。

 

クリアーのみなら2000円位から始めることができます。

 

皮膚が痒くて、悪化する一方…というかたはジェルネイルを是非してみてください。

 

きれいな爪を観ながら、作業すると自分の気持ちもスッキリしたように感じます。

 

皮膚のキレイも手伝えて、お洒落も出来るジェルネイルはアトピーの方にもオススメです。

 

 

ジェルネイルの種類

 

ジェルネイルには【ソフトジェル】と【ハードジェル】があります。

 

ネイルサロンで主流なのが、ソークオフジェルです。専用のリムーバーで簡単にオフすることができるため、その手軽さが受けて、日本に広まりました。

 

ソークジェルでは、ハードジェルで使われているプライマーという爪の表面とジェルの接着度をあげるための溶液を使用しないため、地爪の表面を傷めず、変色などのトラブはがほとんどありません。

 

ハードジェルはジェルネイル誕生当初からあるタイプです。硬度があるので、今の地爪より長さを出したい場合や、ストーンや大きさ、重さのあるアートをコーティングしたりするのに向いています。

 

とくにこんなふうにしたい!などデコデコしたものでなければ、ソフトジェルのほうが、どんな方でもやりやすいジェルネイルですね。

関連ページ

汗とアトピー
アトピーとお酒
塩素がアトピーに与える影響
アトピーと運動の関係性
エステでアトピーの状態を改善
アトピー性皮膚炎における温泉の効能
アトピーと胃腸の関係
アトピー肌の人のための洗顔法
アトピー性皮膚炎と睡眠 関係はある?
アトピー性皮膚炎になることと、睡眠の関係性はあるのでしょうか?
アトピーを防ぐには老廃物を出す
アトピー性皮膚炎を防ぐには、皮膚の中にある老廃物をだす努力が必要です。
アレルギーに対する漢方薬の効果
様々なアレルギーに対する効果の漢方薬を記載します。
アトピー性皮膚炎 慶大が有効な対策を
黄色ブドウ球菌対策が有効かであるという新情報が発表されました

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP