アトピー性皮膚炎における温泉の効能

アトピー性皮膚炎における温泉の効能

アトピー性皮膚炎における温泉の効能

 

アトピー性皮膚炎における温泉の効能

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーの一種です。

 

薬物による療法もありますが、温泉での湯治が効果的という場合があります

 

肌に黄色ブドウ球菌などの細菌が増殖すると、アトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまいますが、温泉には殺菌効果があるので、それにより、アトピー性皮膚炎が改善されることがあるということなのです。温泉の中でも、単純温泉、炭酸水素泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉が、アトピー性皮膚炎によい効能があると言われています。

 

ただし、科学的な見地からは、今のところアトピー性皮膚炎が温泉によって完治する、ということは言えないようです。また、殺菌作用が肌に刺激を与え、逆に症状が悪化してしまうケースもありますので、充分に注意する必要があります。ただし、湯治で症状が改善された、という人が多いことも事実ですので、様子を見ながら入るようにし、症状を悪化させることのないように充分気を付けましょう。

 

 

 

陰部のアトピーの原因と改善方法

 

アトピーは、腕や顔だけではなく陰部にできてしまう場合もあります。
まず、陰部は他の体の部位に比べて蒸れやすい部分になっています。
とくに、締め付けの強い下着を着用した場合、締めつけにより陰部の汗が留まってしまい雑菌を繁殖させる原因となってしまうのです。
普段締め付けの強い下着を着用されている方は、緩めの下着に変えて蒸れを防止するようにしましょう。

 

 

さらに、陰部の蒸れや汚れについては、無駄毛も大きく影響してくることになります。
無駄毛を無造作に伸ばしっぱなしにしていると、毛に汚れが付着してしまい、お肌の雑菌を増加させる原因となってしまいます。
特に、無駄毛が濃い方については、汗をかいたときに毛に汗が付着したままになってしまう他、汚れを溜める原因となってしまいますので、適度にカットするようにしましょう。
カットする時、カミソリや毛抜きを使用することにより、肌への負担も大きなものとなってしまいますし、アトピーも悪化しやすくなりますので、専門のエステやクリニックに通って処理を行ってもらったり、毛を焼ききるタイプの肌に負担をかけない脱毛器を使用してケアを行ってみるとよいです。
このように、アトピーを改善するための方法を行うことにより、状態を良くすることは可能です。

 

 

手軽にアトピーを改善するためにステロイドを塗ってしまう方もいますが、塗ることによりお肌の状態も不安定になってしまいます。
陰部は粘膜に近い部分であるため、ステロイドを使用することで皮膚を通して体に吸収されやすくなってしまうのです。
ステロイドが体内に吸収されることにより、体調の不良が起こる心配がありますので、自己判断で使用するのは避けなければなりません。
適切なケアをおこなってもアトピーが改善しない時には、皮膚科や泌尿器科に通って診察を受けてみるとよいでしょう。
診察を受けることで、アトピーの状態もスムーズに改善でき悩みを解消できるようになるのです。

関連ページ

汗とアトピー
アトピーとお酒
塩素がアトピーに与える影響
アトピーと運動の関係性
エステでアトピーの状態を改善
アトピーと胃腸の関係
アトピー肌の人のための洗顔法
アトピーとジェルネイル
意外や意外! アジェルネイルがアトピーに対して意外な効果を発揮する!?
アトピー性皮膚炎と睡眠 関係はある?
アトピー性皮膚炎になることと、睡眠の関係性はあるのでしょうか?
アトピーを防ぐには老廃物を出す
アトピー性皮膚炎を防ぐには、皮膚の中にある老廃物をだす努力が必要です。
アレルギーに対する漢方薬の効果
様々なアレルギーに対する効果の漢方薬を記載します。
アトピー性皮膚炎 慶大が有効な対策を
黄色ブドウ球菌対策が有効かであるという新情報が発表されました

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP