アトピーと運動の関係性

アトピーと運動の関係性

 

近年アトピー患者は増加傾向にあります

 

それは、昔と違い屋内での活動が多くなり、あまり外を出歩かなくなったからです。

 

昔に比べ、現代人は運動不足と言えるでしょう。これは、あらゆる面からも推測できることであり、成人病が増加していることからも簡単に説明ができます。

 

一般的にアトピー患者の方は、運動すると汗がでるので、皮膚の炎症箇所が汗でしみたり、さらに痒みが増すのではないかと考えてしまうことでしょう。
しかし、最近の研究結果から、アトピー患者の方は、正常な方と発汗量を比べたところその大多数の発汗量が平均値以下ということが証明されているのです。また、アトピーの方は、皮膚組織が弱いのですが、これは皮膚の表面に水気がなく非常に乾燥しており、皮膚に潤いを与える角質のセラミド成分が不足していることが原因としてあげられます。

 

ここで、汗の働きについて説明します。、汗をかくことにより皮膚表面に皮脂、水分が出るため皮膚表面の潤いが保てます。これはあまり知られていませんが、汗には、細菌やウイルスなどから皮膚を守るための抗菌作用があります。また、汗は体温調節にも非常に密接に関わっており、皮膚表面の温度を下げる働きがあります。以上のことから、汗をかくことは、皮膚にとって非常に大切であると言えるでしょう。アトピーがひどくなると考え屋内で生活していると、この恩恵が受けれないのでますます症状が悪化してしまうことになるでしょう。

 

運動による恩恵は汗だけではありません。人は、適切な有酸素運動を行うことにより、血行が良くなり細胞に供給される酸素、栄養素の量が増えます
。このことにより皮膚の循環機能が高まり、新しい皮膚が次々と作られていくことになります。つまり掻きむしってボロボロになった皮膚もどんどん再生されていくことになるので、結果として清潔な肌を保つことができるわけです。なのでアトピー持ちの方は、急に体を動かすのはあまりよくないので、マイペースで徐々に動かすようにしていきましょう。
運動する習慣を身に付けることができればアトピーを改善することもでき、体全体的に考えてもとても健康的になるといえます。

 

 

 

運動不足でアトピーが起こる

 

 

アトピーは、運動不足によっても起こりやすくなってきますので、日ごろ体を動かす機会のない方は、積極的に運動を行ってみるとよいでしょう。
まず、運動を行うことにより、体内の血流の流れが衰え、毒素もたまりやすい状況になってしまいます。
体を動かすことにより、血流の流れがスムーズになり体内に発生した毒素も排出できているのですが、動く機会が少なくなることにより、この機能が衰えてしまうのです。
血流が少なくなることで、臓器や肌に充分な栄養分が行き渡らず、皮膚の荒れや炎症につながってしまいます。

 

さらに、運動不足になると、腸内の活動も低下してしまい便秘にもなりやすくなってしまうのです。
腸内の状態が最善に保たれていることにより、体全体の状態も健康に保つことができるのですが、運動不足により腸内の働きも低下し便秘にもなりやすい状況に陥ってしまいます。
便秘が長く続くことにより、腸内に溜まった便からガスが発生し体全体にまわってしまい、肌を通して毒素が排出されるようになってしまうのです。
このように、アトピーは普段の運動不足によっても起こりやすくなってきたり、症状も悪化してしまうことになります。

 

アトピーの状態を改善させたいと思った時には、体に無理なくできる運動を取りいれてみるとよいでしょう。
運動といっても、きつい運動を行う必要はなく、毎日できる範囲で動くだけでも充分な効果を期待することはできます。
とくに、ウォーキングについては、全身を動かす有酸素運動になっているため、体内の血流の促進に効果がありますし、血流が活発になることで便秘の解消を行うことができるため、体内に溜まってしまった毒素も排出できるようになるのです。

 

アトピーに悩んだ時には、まず毎日の生活の中に運動を取りいれてみるとよいでしょう。
毎日続けることにより、気になっていたアトピーの状態も徐々に改善することができ、体調を保ちながら生活を送っていくことができるのです。

 

 

関連ページ

汗とアトピー
アトピーとお酒
塩素がアトピーに与える影響
エステでアトピーの状態を改善
アトピー性皮膚炎における温泉の効能
アトピーと胃腸の関係
アトピー肌の人のための洗顔法
アトピーとジェルネイル
意外や意外! アジェルネイルがアトピーに対して意外な効果を発揮する!?
アトピー性皮膚炎と睡眠 関係はある?
アトピー性皮膚炎になることと、睡眠の関係性はあるのでしょうか?
アトピーを防ぐには老廃物を出す
アトピー性皮膚炎を防ぐには、皮膚の中にある老廃物をだす努力が必要です。
アレルギーに対する漢方薬の効果
様々なアレルギーに対する効果の漢方薬を記載します。
アトピー性皮膚炎 慶大が有効な対策を
黄色ブドウ球菌対策が有効かであるという新情報が発表されました

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP