娘とともに歩んだアトピー改善への道のり

アトピーとお酒

 

アトピー性皮膚炎にはお酒はあまり良いとはいえません

 

症状を悪化させる原因になってしまいます。

 

アトピーの症状で最もつらいのは、なんといっても激しいかゆみではないでしょうか。肉体的、精神的に負担にもなりますし、もっと直接的に、かゆみを我慢できずに爪で掻いてしまうと、皮膚に傷がついたり表皮の角質が剥がれたりして、さらに肌の状態を悪化させる要因にもなります。この厄介なアトピーのかゆみを、お酒は助長させてしまいます。

 

 

アトピーの方の中には、居酒屋でビールを飲んで一息ついていると、急にあちこちがかゆくなってきたという記憶がある方もあるかもしれません。お酒を飲むと血行が促進されます。アルコールが肝臓で分解されるとアセトアルデヒドが生成されます。この物質には血圧を低下させる作用があり、そして血圧が下がると手や足など末端の血管が拡張して血流が良くなるのです。血が急激に流れ出すと、それによって皮膚の神経が敏感になり、ちょっとした刺激をかゆみとして感知してしいます。

 

 

また、飲酒は乾燥肌の原因にもなります。血行が良くなると体温が上がり、皮膚の水分が蒸発してしまうことや、アルコールには利尿作用があるため、尿と一緒に大量の水分が排出されてしまうことがその理由です。皮膚が乾燥すると外部からの刺激に敏感になってしまいますから、それによってもかゆみが現れます。
そして酔ったあとは自制が効かずについ患部を掻いてしまうため、さらに症状が悪化してしまうことにもつながります。

 

 

とはいえ、アトピーで体がつらいというのに、居酒屋で一杯、という楽しみも許されないのではつらいですよね。お酒を飲むときは、野菜や果物などビタミン類が豊富な食材を一緒にとると、アルコールの吸収を遅くしてくれるため、血流が急激に変化して患部がほてり、かゆくなるということを避けることができます。
その他には、途中でソフトドリンクなどをはさんでアルコールの摂取量を抑える、顔や手などがほてる方は、冷たいおしぼりで冷やしながら飲むなど、少しの工夫でかゆみを軽減することができます。

 

 

 

人によって、お酒を飲むことでストレスを発散しているという方もいますが、この場合お酒を完全に辞めることで、余計な精神的ストレスを感じやすくなってしまうのです。
ストレスがかかることで、自律神経のバランスも崩れてしまい、アトピーの状態も不安定になってしまいますので、完全に辞めるのではなく、節度を持って楽しむようにしましょう。
さらにアトピーの場合、体内に摂取するお酒とともに、化粧品に含まれているアルコールにも気を付けなければなりません。

 

 

化粧品の中には、その品質を保つためにアルコールが含まれているものもあるのですが、アトピーの状態でお肌に使用することにより、余計な刺激を与えてしまうことになるのです。
刺激を受けたお肌は炎症しやすくなったり、腫れてしまうなど状態が不安定になりますので、化粧品を使用する時には、刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。
これらの点に気を付けて生活を送ることで、お肌の状態も安定させることができます。

関連ページ

汗とアトピー
塩素がアトピーに与える影響
アトピーと運動の関係性
エステでアトピーの状態を改善
アトピー性皮膚炎における温泉の効能
アトピーと胃腸の関係
アトピー肌の人のための洗顔法
アトピーとジェルネイル
意外や意外! アジェルネイルがアトピーに対して意外な効果を発揮する!?
アトピー性皮膚炎と睡眠 関係はある?
アトピー性皮膚炎になることと、睡眠の関係性はあるのでしょうか?
アトピーを防ぐには老廃物を出す
アトピー性皮膚炎を防ぐには、皮膚の中にある老廃物をだす努力が必要です。
アレルギーに対する漢方薬の効果
様々なアレルギーに対する効果の漢方薬を記載します。
アトピー性皮膚炎 慶大が有効な対策を
黄色ブドウ球菌対策が有効かであるという新情報が発表されました

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP