アトピー悪化を防ぐ

 

お菓子の食べすぎはアトピーが悪化する

 

甘いお菓子を食べてアトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまったという経験がある方も多く、お菓子が好きな方には非常に辛いものです。なぜ甘いものを食べ過ぎてしまうとアトピーが悪化してしまうのかというと、お菓子に含まれている砂糖に原因があります。

 

甘いものには大抵の場合、砂糖が使用されています。
この砂糖を摂取し過ぎると、腸の中で悪玉菌が増えてしまい、善玉菌が減ってしまうために腸内環境のバランスが悪くなってしまうため、腸壁が傷ついてしまい、そこからアレルゲンが侵入してアレルギー症状が起こりやすくなってしまうのです。
砂糖の主成分であるショ糖は、悪玉菌の大好物である上、胃の中にある胃酸にも消化されにくく、そのまま腸へと流れてしまい悪玉菌の餌になって増殖してしまいます。
アトピー性皮膚炎の場合、砂糖などに多く含まれるショ糖の摂取を控えると、症状が軽快することが分かっています。ショ糖を摂取することで血液中にミュータンス菌などの細菌が増殖して細菌叢が乱れてしまい、その細菌がアトピー性皮膚炎を悪化させると言われています。 ショ糖は、砂糖の主成分であるため、アトピー性皮膚炎の場合は、お菓子やスイーツ、ジュースなどを控えるべきです。

 

砂糖を取りすぎると、消化する際に体内にあるビタミンやミネラルを非常に多く消費してしまいます。
ビタミンやミネラルは、皮膚や粘膜を健康に保つために欠かすことのできない成分ですが、砂糖を摂り過ぎてしまうと肌に必要なビタミンやミネラルが不足してしまいます。

 

また、砂糖を取ると膵臓からインシュリンが分泌され、糖分を細胞に取り入れて血糖値を下げる働きをしますが、砂糖の摂取が過剰になると膵臓の働きが異常になって過剰にインシュリンが分泌されて、血糖値が低下した状態が続いてしまいます。
低血糖症になると副腎はコルチゾールというホルモンを分泌して血糖値を上げるために、副腎に負荷がかかりすぎ、副腎が疲弊してアトピーの症状を発生させてしまいます。

 

同じ糖質でも、オリゴ糖は腸内の細菌バランスを適切にし、アレルギー体質を改善させる作用があるので、オリゴ糖を使用するとよいでしょう。

 

 

 

アトピーの人にオススメのおやつ

 

アレルギー物質の代表は、乳・卵・小麦などいろいろありますが、おやつに含まれやすい食材が多く、市販のものはなかなか食べれない場合が多いです。
また、アレルギー物質が無くても、添加物や大量の油脂など体に良くない成分が多く含まれる場合が多くあり、あまり食べたくない(食べさせたくない)ものです。

 

食物によるアトピーは、成人よりも子供に多い病気です。
また、子供は一回に食べる量が少ない場合は、おやつも大切な食事の一つです。そこで今回は、アトピーの人にオススメのおやつをご紹介します。

 

 

市販のものの中にも、アレルギーに対応したものがいくつかありますので、そういうものを活用するのが一番簡単です。赤ちゃん・乳幼児用のものだと結構いろいろあるので探してみてください。また、自然派食品を扱うお店が近くにある場合は、そこを利用するのもいいです。少しお高いですが、一般スーパーには売られていないようなものがいろいろあり、いろいろなアトピーに対応できます。
手作りを作ることが可能な人は、ぜひ自宅で作ってみてください。まずオススメしたいものは、果物・野菜を使ったものです。スイートポテトやそのアレンジでスイートパンプキン、白玉団子もおすすめです。

 

普通は水でこねる白玉団子ですが、かぼちゃを代わりに使うと、柔らかさも程よく砂糖なしでも甘みがあります。これらのキーワードは、「甘味は食材から」です。これで砂糖を減らしても美味しく、栄養価の高いおやつとなるのです。ケーキやクッキーの際のも活用できるアイテムです。

 

アトピーの場合、小麦の生地がダメな人もいます。その人には、米粉を使ったケーキやクッキーがオススメです。また、上新粉クッキーもおいしいです。
材料はその他にサラダ油と水と砂糖です。卵・乳・小麦不使用のため、素朴な味ですが意外といけます。
レーズンを入れたり、砂糖を黒糖にするとさらに美味しいです。

アトピー悪化を防ぐ記事一覧

汗とアトピー夏場などの気温が上昇しやすい季節ではたくさんの汗をかいてしまいます。またそれ意外の季節でも就寝時には大量の水分を体の外に出してしまいます。汗は雑菌の繁殖を促してしまうので、そのまま放っておくのは非常によくありません。雑菌が繁殖すると皮膚の状態が非常に悪くなり、毛穴から雑菌が入ってしまいます。毛穴に雑菌が入り込んでしまうと炎症の原因になり様々な病気になりやすくなります。特にアトピーなどの...

アトピー性皮膚炎にはお酒はあまり良いとはいえません症状を悪化させる原因になってしまいます。アトピーの症状で最もつらいのは、なんといっても激しいかゆみではないでしょうか。肉体的、精神的に負担にもなりますし、もっと直接的に、かゆみを我慢できずに爪で掻いてしまうと、皮膚に傷がついたり表皮の角質が剥がれたりして、さらに肌の状態を悪化させる要因にもなります。この厄介なアトピーのかゆみを、お酒は助長させてしま...

塩素がアトピーに与える影響肌に関するトラブルや悩みには様々なものが有りますが、その中でも特有の症状を持つのがアトピーの症状で、通常幼児期に発症することが多い病気です。外的な要因として、生活の中で触れる機会の多いものの中に塩素が挙げられます。塩素は水道水の殺菌に使用されていますが、使用されている濃度から人体に与える影響はそれほど大きくありません。しかし、アトピーの症状を持つ人は、肌の刺激に対する抵抗...

近年アトピー患者は増加傾向にありますそれは、昔と違い屋内での活動が多くなり、あまり外を出歩かなくなったからです。昔に比べ、現代人は運動不足と言えるでしょう。これは、あらゆる面からも推測できることであり、成人病が増加していることからも簡単に説明ができます。一般的にアトピー患者の方は、運動すると汗がでるので、皮膚の炎症箇所が汗でしみたり、さらに痒みが増すのではないかと考えてしまうことでしょう。しかし、...

エステでアトピーの状態を改善アトピーの状態に悩んでいる時には、基本エステに通うことはできません。ただ、中には医師がコースの監修を行っていたり、アトピー専門のエステも存在していますので、お肌のケアに悩んだ時には通ってみるとよいでしょう。メディカルエステでは、肌の状態を底上げしバリア機能強化を目指すこのコースでは、お肌の状態を見極めたうえで、肌の奥から修復してくれる機器を使用して施術を行っていきますの...

アトピー性皮膚炎における温泉の効能アトピー性皮膚炎とは、アレルギーの一種です。薬物による療法もありますが、温泉での湯治が効果的という場合があります肌に黄色ブドウ球菌などの細菌が増殖すると、アトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまいますが、温泉には殺菌効果があるので、それにより、アトピー性皮膚炎が改善されることがあるということなのです。温泉の中でも、単純温泉、炭酸水素泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄...

胃腸の本来の働きとアトピー性皮膚炎胃腸は食事をした時、それを消化して吸収されやすい状態にまで分解することが胃腸の働きになります。胃腸の働きが悪くなると、どれだけ食べても体内へ栄養がゆくことはありません。胃腸が元気であることは、体が栄養満タンになるために必要なことです。肝臓の働きが悪い場合は、体の中の栄養の蓄えが少なくなるのですが、胃腸不具合の場合は栄養が体に身につくことがありません。それだけではな...

洗顔法は、その人の肌の質に合わせたふさわしいものがあります。例えばアトピー肌の人には、その肌質に合った洗顔法があります。自分の肌質に合った洗顔法を知らなければ、かえって状況を悪くすることもあるので、それを知っておくことはとても大事です。さて、アトピー肌に合った洗顔法ですが、どんな点を注意・工夫できるでしょうか?全体的なポイントとして一つ注意できるのは、なるべく肌に触れないようにするということです。...

アトピー性皮膚炎とジェルネイルアトピーの予防のためには、【痒い皮膚をなるべく掻かない】事が挙げられます。これは薄い爪が皮膚を傷つけてしまい、患部が広がってしまうことが原因です。掻かずに生活できたらいいですが、寝ているときなど無意識に掻いてしまうとどうしようもありません。でも、皮膚を掻かずにいるということは、結構しんどいことだと思います。そんな時に、オススメしたいのはジェルネイルです。ジェルネイルは...

アトピー性皮膚炎と睡眠 関係がある?睡眠不足や睡眠過多、それとアトピー性皮膚炎は関係があるのはご存じですか?アトピー性皮膚炎は、幼児や子供に多い病気と言われています。実際に20歳以下の10人に一人はアトピーもちだと言われています。大人になったら完治するとも言われますが、再発する人もおられるので注意は必要になってきます。アトピー性皮膚炎の原因はいまだにはっきりは分かっていませんが、遺伝要因の他に、環...

アトピーを防ぐには老廃物を出す皮膚に関するトラブルで目立っているものの1つに、アトピー性の皮膚炎があります。アトピー性皮膚炎になってしまう原因には、非常に多くのものがあり、原因を特定するのは難しいものです。複数の原因が重なり合うことで、アトピー性皮膚炎が発生すると考えられていますダニやホコリ、アレルギーの原因となる食べ物が体内に入り込むことが、原因の1つとして挙げられます。これらの物質はアレルゲン...

アレルギーに対する漢方薬の効果アトピー性皮膚炎を含め、アレルギーと一口にいってもいろいろな症状があります。気管支ぜんそく、花粉症が代表的なアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、食物アレルギーなど、様々です。アレルギーが増えている背景には、私たちの生活習慣や食生活の変化、環境の変化があげられますが、治癒しにくい疾患の代表となっています。食生活の欧米化、過食、栄養の偏りが、日本人の体の抵抗力を奪ったという話も聞き...

アトピー性皮膚炎 慶大が有効な対策をyahooニュースにてアトピーの最新情報を発見いたしました!黄色ブドウ球菌対策が有効か=アトピー性皮膚炎―慶大などアトピー性皮膚炎とよく似た症状を示すマウスを遺伝子操作で生み出したところ、皮膚に生息するさまざまな細菌群の中で黄色ブドウ球菌が異常に増えて発症に至ったと、慶応大と米国立衛生研究所(NIH)の研究チームが21日付の米科学誌イミュニティ電子版に発表した。...