アトピー悪化を防ぐ

アトピー悪化を防ぐ

 

お菓子の食べすぎはアトピーが悪化する

 

甘いお菓子を食べてアトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまったという経験がある方も多く、お菓子が好きな方には非常に辛いものです。なぜ甘いものを食べ過ぎてしまうとアトピーが悪化してしまうのかというと、お菓子に含まれている砂糖に原因があります。

 

甘いものには大抵の場合、砂糖が使用されています。
この砂糖を摂取し過ぎると、腸の中で悪玉菌が増えてしまい、善玉菌が減ってしまうために腸内環境のバランスが悪くなってしまうため、腸壁が傷ついてしまい、そこからアレルゲンが侵入してアレルギー症状が起こりやすくなってしまうのです。
砂糖の主成分であるショ糖は、悪玉菌の大好物である上、胃の中にある胃酸にも消化されにくく、そのまま腸へと流れてしまい悪玉菌の餌になって増殖してしまいます。
アトピー性皮膚炎の場合、砂糖などに多く含まれるショ糖の摂取を控えると、症状が軽快することが分かっています。ショ糖を摂取することで血液中にミュータンス菌などの細菌が増殖して細菌叢が乱れてしまい、その細菌がアトピー性皮膚炎を悪化させると言われています。 ショ糖は、砂糖の主成分であるため、アトピー性皮膚炎の場合は、お菓子やスイーツ、ジュースなどを控えるべきです。

 

砂糖を取りすぎると、消化する際に体内にあるビタミンやミネラルを非常に多く消費してしまいます。
ビタミンやミネラルは、皮膚や粘膜を健康に保つために欠かすことのできない成分ですが、砂糖を摂り過ぎてしまうと肌に必要なビタミンやミネラルが不足してしまいます。

 

また、砂糖を取ると膵臓からインシュリンが分泌され、糖分を細胞に取り入れて血糖値を下げる働きをしますが、砂糖の摂取が過剰になると膵臓の働きが異常になって過剰にインシュリンが分泌されて、血糖値が低下した状態が続いてしまいます。
低血糖症になると副腎はコルチゾールというホルモンを分泌して血糖値を上げるために、副腎に負荷がかかりすぎ、副腎が疲弊してアトピーの症状を発生させてしまいます。

 

同じ糖質でも、オリゴ糖は腸内の細菌バランスを適切にし、アレルギー体質を改善させる作用があるので、オリゴ糖を使用するとよいでしょう。

 

 

 

アトピーの人にオススメのおやつ

 

アレルギー物質の代表は、乳・卵・小麦などいろいろありますが、おやつに含まれやすい食材が多く、市販のものはなかなか食べれない場合が多いです。
また、アレルギー物質が無くても、添加物や大量の油脂など体に良くない成分が多く含まれる場合が多くあり、あまり食べたくない(食べさせたくない)ものです。

 

食物によるアトピーは、成人よりも子供に多い病気です。
また、子供は一回に食べる量が少ない場合は、おやつも大切な食事の一つです。そこで今回は、アトピーの人にオススメのおやつをご紹介します。

 

 

市販のものの中にも、アレルギーに対応したものがいくつかありますので、そういうものを活用するのが一番簡単です。赤ちゃん・乳幼児用のものだと結構いろいろあるので探してみてください。また、自然派食品を扱うお店が近くにある場合は、そこを利用するのもいいです。少しお高いですが、一般スーパーには売られていないようなものがいろいろあり、いろいろなアトピーに対応できます。
手作りを作ることが可能な人は、ぜひ自宅で作ってみてください。まずオススメしたいものは、果物・野菜を使ったものです。スイートポテトやそのアレンジでスイートパンプキン、白玉団子もおすすめです。

 

普通は水でこねる白玉団子ですが、かぼちゃを代わりに使うと、柔らかさも程よく砂糖なしでも甘みがあります。これらのキーワードは、「甘味は食材から」です。これで砂糖を減らしても美味しく、栄養価の高いおやつとなるのです。ケーキやクッキーの際のも活用できるアイテムです。

 

アトピーの場合、小麦の生地がダメな人もいます。その人には、米粉を使ったケーキやクッキーがオススメです。また、上新粉クッキーもおいしいです。
材料はその他にサラダ油と水と砂糖です。卵・乳・小麦不使用のため、素朴な味ですが意外といけます。
レーズンを入れたり、砂糖を黒糖にするとさらに美味しいです。

関連ページ

汗とアトピー
アトピーとお酒
塩素がアトピーに与える影響
アトピーと運動の関係性
エステでアトピーの状態を改善
アトピー性皮膚炎における温泉の効能
アトピーと胃腸の関係
アトピー肌の人のための洗顔法
アトピーとジェルネイル
意外や意外! アジェルネイルがアトピーに対して意外な効果を発揮する!?
アトピー性皮膚炎と睡眠 関係はある?
アトピー性皮膚炎になることと、睡眠の関係性はあるのでしょうか?
アトピーを防ぐには老廃物を出す
アトピー性皮膚炎を防ぐには、皮膚の中にある老廃物をだす努力が必要です。
アレルギーに対する漢方薬の効果
様々なアレルギーに対する効果の漢方薬を記載します。
アトピー性皮膚炎 慶大が有効な対策を
黄色ブドウ球菌対策が有効かであるという新情報が発表されました

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP