肌の保湿について

肌の保湿について

肌の保湿について

 

肌の保湿について

 

アトピー性皮膚炎の方には、肌のバリア機能が普通の人に比べて極端に低いという特徴があり、その肌のバリア機能が低下する一因には肌の乾燥があります。

 

乾燥肌になるとバリア機能を果たしている角質に含まれる脂質や水分含有量が低下しますので、外部から異物が侵入してしまい肌トラブルが起きやすくなってしまいます。
ですから適切な保湿を行い肌のバリア機能を強化することは、アトピーの症状軽減に効果的なようです。

 

肌の保湿剤は大きく分けると
「肌の表面に油分の膜を張って水分が飛ばないようにするタイプ」
「皮膚が水分を離さないよう水分が保持できるよう助けるタイプ」の2種類になります。

 

水分が飛ばないようにするタイプの代表的な保湿剤はワセリンになり、このワセリン自体でアレルギーを起こすことは無いといわれていますが、入っている不純物でまれにトラブルがおきることはあるようです。ですからワセリンをさらに精製したもので、特に刺激性を少なくしたプロペトなどを使うとよいでしょう。

 

ただ油分で毛穴をふさぎますのでニキビになる可能性などがありますから、つけっぱなしは避け毎日きれいに洗い流すようにしてください。
そして水分が保持できるよう助けるタイプの保湿剤には、尿素含有軟膏やヒルドイドがあるのですが尿素には刺激性があるため合わない方もいます。
またヒルドイドにもクリーム・軟膏・ローションなど種類がありますから、自分に合ったものはどれになるのか皮膚科などで相談してみるといいでしょう。

 

それにアトピーの乾燥肌は皮膚のセラミド不足が原因の場合も多いので、セラミドを含む市販の軟膏やクリームを使うのも有効です。しかし保湿剤はうまく使うとアトピー症状が軽減されますが、肌に合わないものを使うと痒くなってかいてしまい悪化することがありますので、合わないと気づいたらすぐに塗るのを止めるようにしましょう。

 

 

 

乾燥に気をつけよう!!

アトピー性皮膚炎を患っている人の多くは、乾燥肌や敏感肌だと言われています。
皮膚の角質にはバリア機能と呼ばれる機能があります。
このバリア機能が水分の蒸発を防ぎ、アレルギーを引き起こす起こすアレルゲンや、肌に良くない影響を及ぼす病原体などが肌に侵入してくるのを防いでいます。 

 

 

しかし、角質が傷んでいると、このバリア機能の力が弱まり、乾燥肌や敏感肌になってしまいます。
この角質を傷める原因の1つがアトピー性皮膚炎だと言われています。
そのため、アトピー性皮膚炎で炎症を起こしている部分は、肌が乾燥しやすくなっています。
この乾燥が原因で、肌にかゆみが起こります。

 

 

肌の機能を正常にすることが、アトピー性皮膚炎の改善につながるので、まずは、肌の保湿をしっかりと行うことが重要なのです。
しっとりと潤いがある肌に改善するためには、まず、古い角質を落とし、角質に水分を含ませることが重要だと言われています。
入浴で血行が良くなると、古い角質を落としやすくなるので、お湯にゆっくりと浸かっているときに、タオルなどに石鹸をつけて、軽く顔をこするようにして、角質を落とすと良いようです。
このときに強い力で顔をごしごしこすってしまうと、肌を傷つけてしまうことがあるので、軽い力で優しく落とすようにしましょう。

 

そして、洗顔をした後は、保湿効果が高いオイルやクリームなどで十分に保湿を行うようにしましょう。
十分に保湿をした部分には、肌に優しいガーゼなどをあてるとより高い効果を期待することができるようです。
また、皮膚の生まれ変わりは睡眠中に行われると言われています。
その時間に十分な睡眠をとっていないと、皮膚に悪い影響が出る場合もあるようです。

 

そのため、不規則な生活をせずに、毎日睡眠時間はしっかり確保し、質の高い睡眠をとるようにしましょう。
これだけのことを行うだけでも、肌を乾燥から防ぐことができ、アトピー性皮膚炎の改善を期待することができるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP