漢方で治療する

漢方で治療する

 

漢方で治療する

 

 

漢方は現在、世界各地でその効果を認められている東洋医学で用いられる薬品です。

 

この薬品においては主に植物などを原料として、現在出ている症状を治療するだけではなく、
体の自然治癒力を高めることによってその症状が出たとしても治まるのを早めるなどの効果を期待することができます。

 

 

そうした免疫バランスの崩れによって発症するアトピー性皮膚炎は、漢方薬で治療することが可能な場合もあるのです。
主に使用されるのは小柴胡湯や柴胡桂枝湯、補中益気湯といったような漢方薬となりますが、これらの薬は体内に存在するリンパ球の働きを調整することができる薬となっています。
リンパ球の働きを調整することによって免疫バランスの崩れを整え、アトピー性皮膚炎の発症を抑えることができるようになるのです。

 

 

ですがアトピー性皮膚炎の治療にこうした薬品をしようとする際は、必ず専門的知識を有する漢方薬の専門家などに診察を受けなくてはなりません。
免疫機能というものは何らかの疾患でもともと有していないといったような例外を除き、ほぼすべての人間に備わっているものです。

 

 

そして免疫機能のバランスというものは個人個人によって微妙な異なりがありますので、その免疫バランスの状態に最も適した薬品を選択しなくてはならないのです。
また通常、薬品というものは一定期間以上の服用を続けて始めて効果が出るものです。
そして薬品は人間の体を変化させる機能を有していますから、大量に服用すれば副作用のリスクなども大きくなることとなります。
漢方薬は現代において、アトピー性皮膚炎にも使用されるようになっていますが、その使用にはしっかりとした判断をもらう必要があるといえるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP