赤ちゃんのアトピーの原因

赤ちゃんのアトピー発症の原因

 

赤ちゃんがアトピーを発症する原因

 

卵や小麦、エビ、カニ、そば、牛乳はアレルギーを引き起こしやすい食べ物です。
化粧品や金属、ゴムなどの化学物質でも、そしてホコリやダニ、ネコやイヌ、花粉などでもアレルギーを引き起こします。

 

しかし、一体何故、赤ちゃんはアレルギーを持って生まれてしまったのでしょうか?

 

赤ちゃんの体は、母の体から作られています。
赤ちゃんの体を構成している細胞は、お母さんの栄養状態に依存するのです。

 

極端なお話ですが、
栄養が枯渇している母体から生まれた赤ちゃんの体は、生まれながらにして飢餓状態になり
栄養を溜め込みやすい体質になります。

 

溜め込みやすい体質の赤ちゃんは添加物などの体に良くないものも溜め込んでしまいます。
それとともに、本来備わっている、体に害のあるものを体外へ出す機能も鈍いのです。
よって、過剰に摂取された良い栄養も過ぎてしまえば、アレルギーなどの症状となって現れます。

 

これが赤ちゃんのアトピーやアレルギーが発症した原因です。
赤ちゃんのアレルギー体質は、母体の栄養状態が引き起こしています。

 

人間には本来、上記で書いたアレルギー反応を引き起こしやすい食べ物などを自分の力で排出し、
自分の体を正常に保つ機能があるのです。
しかし、ガゾリンがなければ走らない車と同じで、機能するための栄養がなければ、体は正常に動きません。
その状態が、親から子へ受け継がれたのです。

 

これを知った、体験記を書いた母ですが、
娘がふたりともアトピーになったのは自分のせいか、と責めた時期もありました。

 

ただ、悲観することはありません。
「未知のもの」などの意味が語源であるアトピーですが実際の原因がわかっている以上、対処と改善が出来ます。

 

すでにそうゆう体質で生まれてしまった以上は、そうゆう体質であることを踏まえ、
正しい知識を持ち、摂取するお水や栄養でカバーしてゆくことで、改善が可能なのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP