アトピーはいつから症状がでてくるか

アトピーはいつから症状がでてくるか

アトピーはいつから症状がでてくるか

 

アトピーはいつから症状がでてくるか

 

アトピーがいつから症状が出てくるかは、個人差があるため、1歳未満の赤ちゃんから大人になってから発症する人まで様々です。

 

生まれてすぐの赤ちゃんは肌が安定せずにアトピーの症状に似た湿疹がでたり、乾燥肌のような症状がでる乳児湿疹になりやすいです。
乳児湿疹の場合は、生後数ヶ月で自然に治りますが、生後6ヶ月以降から見られる湿疹の場合は、アトピーの疑いがあります。

 

1歳を過ぎないと正確な診断結果を出すことができないとされていますが、1歳未満でも強い湿疹や傷がある場合には、アトピーの症状である可能性が高いです。

 

赤ちゃんの場合には、母乳からのアレルゲン物質に反応してアトピーの症状が出ることがあるため、この場合には母親が栄養が偏らないように、食事に気をつける必要があります。大きくなっても、食事の内容によってアレルギー反応を起こし症状が悪化する場合もあるため、注意が必要です。

 

 

いつから始まるかは人それぞれですが、12歳までの児童期に始まったアトピーの場合には、大人になるにつれ症状が収まることもあります。
これは先天的にアトピーの体質を持っていた子供が、きちんとした食事を摂取することで治まるのです、。

 

20歳くらいまでからの青春期から発症した場合や、成人してから突然アトピーの症状があらわれる人もいます。
もともと、体質的にはアトピーがない人も、体の栄養が偏ればアトピーになる可能性があるのです。

 

特に化学物質や添加物は、、人工製造であるため、体内で消化しても、体の正常な栄養にはなりません。
インスタント食品や加工食品、添加物が多く含まれたお菓子などは化学物質や添加物が入っています。今の社会、この添加物を摂取しないで生きることはとても労力がかかります。
添加物を体外に流す力も、栄養で作られますが、アトピーになる時点でその力も不足しているのです。

 

アトピーの症状は、先天性でも後天性でも、体の栄養が不足すれば誰でも発症する可能性があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP